ILO通信 No.103(2009年11月28日発行)

2009-11-28

ILO通信 No.103(2009年11月28日発行)

#ref(): File not found: "091128.jpg" at page ""

第103号の発行にあたり

 「立地調整」の局面に入ってきたことを実感する出来事がありました。


 好間中核工業団地に進出していた大手企業の本社が、川崎市から来年4月、好間に移転してきます。社長を含む120名がいわきの住人になるそうです。


 工業政策も、新規の工場誘致から、既存の誘致企業の新しい展開にどうのように対応するかという局面、いわゆる「立地調整」の局面です。


 いわきにも関連会社がある県南地域のシリコン関連の会社も、「立地調整」的企業展開を計画しています。これからの工業政策は、「立地調整」に対応できなくてはいけません。同時に、企業立地促進法に基づく、地域産業人の育成などを政策に深く取り入れるべきです。


 グローバル展開と「立地調整」、地域経営という視点に新しいよう要因が加わりました。

第9回いわきビジネスアイディア・プランコンテスト2009
起業-エコホテルいわき(仮称)を設立

■最優秀賞

 14日に開催した第9回いわきビジネスアイディア・プランコンテスト2009の公開審査で、『経営者も宿泊者も地球環境再生に参加できる「エコホテル」プロジェクト』が最優秀賞を受賞しました。ビジネス部門7件、アイディア部門11件の応募の中から、書類審査、プレゼン審査を経ての栄冠です。



■会社設立-その名前は、エコホテルいわき(仮称)

 起業(創業)に向け、このプロジェクトが動き始めました。エコホテルいわき(仮称)株式会社を設立予定し、開業に向けて準備を始めました。宿泊業、社長業の勉強も同時並行で行います。地域の人たちの応援も集まりつつあります。



■開業の時期

 競る気持ちを押え、(1)事業計画のブラシアップ (2)緒準備 (3)家族など協力者への説明などをしっかり行うことが大切です。

 おのずから、開業の時期は決まります。



■エコホテルとは?

(1)エコで経営する。-経営者による省エネ設備、グリーンカーテンなど

(2)エコを楽しむ。 -宿泊者による楽しみながらのエコ実践プログラム

(3)エコを体験する。-環境とエネルギーに関する体験プログラムなど

(4)エコで連携する。-市内環境系NPO、企業などとの連携

(5)エコを企画する。-エコに関するイベント企画、学会などの誘致



■期待

 第9回いわきビジネスアイディア・プランコンテスト2009実行委員会、審査委員会の期待も大きいです。



■問合せ

 担当:高城康(事業再生支援室 y-takagi@iwaki-liaison.co.jp

アイ・ミッションパートナーズ 電話:29-0225

 アイ・ミッションパートナーズ(IMP)は、金融機関など関係者と連携し、事業再生・
企業再建を支援しています。
破綻する前に、ご相談ください。一緒に、再生・再建計画を立案しましょう。
ホームページを開設しました。
http://www.i-missionpartners.com/

いわきNPOセンター 電話:29-4600

 NPO法人の設立・運営・経営などの相談を受付けています。
任意団体からNPO法人になり、活動の幅を広げてみませんか。
いわき市市民協働課からの委託事業で、公民館などで「市民活動なんでも相談会」を開催しています。
http://www.iwakinpocenter.org/
《連絡先》ご意見・ご質問などは下記までお気軽にどうぞ。
〒970-8043 福島県いわき市中央台鹿島1-22-3
TEL:(0246)46-2720  FAX:(0246)46-2721
E-Mail info@iwaki-liaison.co.jp
URL https://www.iwaki-liaison.co.jp/

#navi(contents-page-name): No such page: ILO通信

Facebook にシェア
[`twib` not found]

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Design by Cloud templateGoogle+