ILO通信 No.97(2009年5月30日発行)

2009-05-30

ILO通信 No.97(2009年5月30日発行)

#ref(): File not found: "090530.jpg" at page ""

第97号の発行にあたり

 昨年9月15日に始まる金融危機による急激な経済の悪化が、地域経済を直撃しています。特に、地方の「老舗企業」と「第三セクター方式の事業体」が苦戦しています。景気悪化の猛スピードに、振り落とされているのです。


 幾つかの事業を営む「老舗企業」には、コアになる事業への集中と長男への事業継承を提案しています。同時に、経営建て直しのための追加融資を金融機関と協議しています。


 いわき市外の「第三セクター方式の事業体」には、団体職員OBの現社長の引退と経営体制の見直し、ILO派遣のマネージャーの採用を提案し、サービス業に徹することができる社員教育を柱とした新しい3年計画を提案しています。


 感染が拡大しつつある新型インフルエンザも、危機管理の対象です。

産学連携活動について

 ILOは、産学(産学官、産学官民)連携活動に積極的です。基本的な視点は、大学の「知」を、地域課題の解決に役立てることで、地域経済の発展と大学の存在意義を強くしていくことです。地域と大学の双方に役立つことでなければいけません。


(1)大学発ベンチャーの設立支援

大学には、ユニークな知見、先端的な技術があります。教育を大切にしながらも、大学発ベンチャーを設立し、その知見と技術を産業界で活かすことを支援しています。



(2)寄付の実施

推薦委員会(非公開)の推薦に基づき、大学・高専の先生へ、研究を支援するために寄付をしています。理系、文系を問いません。原則として、大学・高専の寄附講座などの規定に従います。



(3)囲む会の開催

大学・高専の先生を囲み、研究宅話と懇親交流会を開催しています。研究者のネットワーク創りの一環です。



(4)【新規】大学を核とした地域連携フォーラム(仮称)

大学を核とした地方自治体、企業、NPO法人、住民などの有機的な連携の下に、大学の知見と技術を地域振興に役立てるための方策を探るフォーラムを企画し開催します。

エントリー締切、迫る!!
第6回 いわきWebアワード2009、開催中!

エントリー期間 6月10日(水)まで

表彰式&レセプション 6月27日(土)18時30分

◆最優秀賞◆10万円(1件)

 ◆部門賞/6件

 ◆名誉実行委員長特別賞/1件

 ◆実行委員特別賞/1件



エントリー用ホームページ http://www.iwaki-webaward.com/

アイ・ミッションパートナーズ 電話:29-0225

 アイ・ミッションパートナーズ(IMP)は、ILOの事業再生、企業再建を支援する部門です。クライアント様との信頼関係を一番大切にしています。よほどでない限り、事業の再生は可能です。プロフェッショナル・サービス・ファーム(PSF)の力をお試しください。

いわきNPOセンター 電話:29-4600

 現在、いわき市内には60のNPO法人が多彩な活動をしています。NPO法人・ボランティア団体・地域づくり団体・町内会・自治会などの活動が、元気で生き生きと、新しい公を担えるように支援します。
《連絡先》ご意見・ご質問などは下記までお気軽にどうぞ。
〒970-8043 福島県いわき市中央台鹿島1-22-3
TEL:(0246)46-2720  FAX:(0246)46-2721
E-Mail info@iwaki-liaison.co.jp URL https://www.iwaki-liaison.co.jp/

#navi(contents-page-name): No such page: ILO通信

Facebook にシェア
[`twib` not found]

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Design by Cloud templateGoogle+